MEMBER

HOME / MEMBER / 永里 優季

サッカー選手 (シカゴ・レッドスターズ所属)

永里 優季

2011年、サッカー女子W杯で初優勝。男女通じて初となる快挙に出場したメンバー・監督には国民栄誉賞が与えられ翌年に行われたロンドン五輪でも銀メダルという好成績を収め日本中になでしこ旋風を巻き起こしたプロとしてのキャリアをドイツで開始し、その後はイギリス、アメリカ、オーストラリアと海外リーグを経験し、得点王やチャンピオンズリーグ優勝も勝ち取った。国際経験豊富な、日本女子史上最高のトップストライカーとして名を馳せている。現在は、LGBTやジェンダー問題など社会性の高いメッセージをアスリートの視点から発信している。