TOPIC

HOME / TOPIC / INTERVIEW / タレント ディエゴ•加藤•マラドーナ:インタビューvol.3 「幸せを届けたい」オリジナルグッズで世界中の子供たちを笑顔に

タレント ディエゴ•加藤•マラドーナ:インタビューvol.3 「幸せを届けたい」オリジナルグッズで世界中の子供たちを笑顔に

マラドーナ芸人の活動を始めてから、10年が経った2019年4月メキシコの地にて 憧れだった本家のディエゴ・マラドーナに会い、悲願だった芸人としての公認をいただいた。サッカー芸人、小説家などさまざまなジャンルで活躍しているが、今後のチャレンジしたい企画や未来予想図を語っていただいた。 今回は、全3回にわたるインタビューの最終話となります。

1980年神奈川県出身。中学時代は横浜マリノスジュニアユースに所属。高校は帝京高校サッカー部に所属。全国高校サッカー選手権大会準優勝2回、帝京高校サッカー部で10番をつける。大学は順天堂大学に進学。
大学卒業後はお笑い芸人として活動。ダイヤモンズ(コンビ)、春夏笑冬(トリオ)で数々のテレビ番組に出演。2013年末の解散を機にディエゴ・加藤・マラドーナ&加藤謙太郎としてテレビ番組やイベントなどで活躍中。必要とされる場所にはいつても登場するサッカーと笑いのエンターテイナー。

――ディエゴ・加藤・マラドーナさんは、最近グッズを制作されたそうですね?

はい、プレゼント用に少量ですが、iPhoneケースとスマホリング、モバイルバッテリーにワイヤレス充電器を作りました。これまでにディエゴ・加藤・マラドーナを10年くらいやらせてもらっているなかで、僕のファンや、パフォーマンスで楽しんでくれている方たちはどのくらいいるのかなと思い、Twitterでプレゼントを企画しました。このイベントは思った以上の反響があり、大成功でした。

企画終了後、「商品が欲しい!」「どこで売っていますか?」など嬉しい声をいくつももらいました。
いつの日か販売ができたら楽しいだろうな〜なんて思っています。

前の記事で、志村けんさんの話題が出ましたけれども、志村さんの「バカ殿」のようなキャラクターやイラストを使って、僕も色々と企画していきたいなと考えています。

――キャラクタービジネスにも関心があるということですか?

そうですね。子どもたちが喜んでくれるような影響のあるキャラクターを広め、幸せを届けていきたいです。

ディエゴ・加藤・マラドーナをイラストで描くと、太ももが特徴的なテイストになると思いますが、僕の顔や全身を描いたグッズを定期的に作っていきたいという気持ちはありますね。

――海外で活動したい、という想いもありますよね?

全国の子供たちにサッカー教室や講演会やイベントに出演して、色々な事を伝えていますが、近い将来には、世界の子供たちにもそれをしたいと思っています。マラドーナは世界共通ですからね。

その為には、世界の子供たちに”何か”を伝える語学力が必ず必要になります。今、英語を全力で取り組んでいます。英語力を習得するのに時間がかかっていますが笑 ここ2年、3年で日常会話以上の語学力を身につけて、海外進出、世界進出を目指していきたいと思っています。

――久しぶりにお会いしたら、だいぶ精かんな顔つきになりましたよね?


2020年に入って、僕の中で”取り組もう!”と決めていたことがありました。
それはダイエットです。イベントでマラドーナをやる時には1週間くらいかけて、減量するのが、ずっーとここ何年か続いてました。普段からダイエットして、痩せようと何度も試みてもダメでした。

そんな悩みを、コネクト株式会社の百瀬俊介会長に、打ち明けさせていただきました。そしたら、「俺が毎日管理してあげるよ!」と。

「まずは食事を徹底的に変えないと!」と言っていただき2月から今まで、3ヶ月かけてダイエットをしてきました。

結果は…。今日の時点で16.7キロ、痩せる事に成功しました。

ダイエットは、難しさや辛さは本当にありますが、正しいダイエット方法や支えてくれる人(管理してくれる人)がいることによって達成できました。
身体も軽くなり、めちゃめちゃ動けます!今はディエゴ・加藤・マラドーナとしてイベントに行ける日をすごく楽しみにしてるんです。

――加藤さんご自身は、「ディエゴ・加藤・マラドーナ」の将来について、どのように捉えていらっしゃいますか?

(お笑い芸人としては、)14〜5年目に差し掛かってきたのですが、最近、僕の意識に変化が生まれつつあります。
駆け出しの頃は、とにかく「売れたい」と思ってチャレンジし、その度に現実の壁に打ちのめされてきました。

でも、僕自身が、結婚や父親になったことで、「売れたい」と思う質が変わってきました。もちろん、「売れたい」と思う気持ちはありますが、マラドーナをやり続けた先に、テレビでの活躍や世の中の反響などがあれば嬉しいですし、本質を重視するようになっています。

現在の世の中は、新型コロナウイルスの影響もあって混乱していますが、これからもディエゴ・加藤・マラドーナとして出来ることに全力で取り組み、みんなを楽しませていけるように頑張っていきたいなと思います。

End

【締め切り間近!】ディエゴ・加藤・マラドーナの記事投稿を記念して豪華プレゼントをご用意!【5/29まで】

【プレゼント】
・オリジナルモバイルバッテリー  3名様
・オリジナルスマホリング     3名様
・ディエゴ・アルマンド・マラドーナ本人直筆サイン色紙 1名様

【期間】
2020年5月7日(木)〜2020年5月29日(金)

【抽選方法】
メディアコネクトのTwitterをフォロー&リツイートしていただいた方の中から抽選。
※3週に渡りメディアコネクトで記事を更新。期間中且つ今回のディエゴ加藤マラドーナの一連の投稿に限らせて頂きます。

【mediaCONNECTツイッター】

RELATED POST