TOPIC

HOME / TOPIC / INTERVIEW / ハビエル・サネッティ独占インタビュー『サイドバックに重要な3つのこと』

ハビエル・サネッティ独占インタビュー『サイドバックに重要な3つのこと』

元アルゼンチン代表のレジェンド、ハビエル・サネッティが独占ショートインタビューに答えてくれた。

サネッティは、アルゼンチン代表として通算145試合に出場し、19年間在籍したインテル(セリエA)では858試合に出場している。

現役時代のサネッティは、屈強さとしなやかさに加え、無尽蔵のスタミナを持ち、攻守にわたり相手の脅威となる選手であった。

縦横無尽にピッチを駆け回る、疲れを知らないプレースタイルから「Il Tractore(イル・トラクトーレ/トラクター)」の異名を持ち、ファンやチームメイトから愛される選手であった。

▼ハビエル・サネッティはどんな選手??▼

生年月日:1973年8月10日(48歳)
出身地:アルゼンチン・ブエノスアイレス
身長:178cm
体重:75kg
在籍チーム:-
ポジション:-
背番号:-
利き足:右
経歴:1991-1992 タジェレス/1992-1995 CAバンフィエルド/1995-2014 インテル

-私にとって、ワールドカップでの一番印象深い出来事は、あなたがゴールを決めたイングランド戦です。チームはあまりプレッシャーを受けていなかったし、アルゼンチンにとって奇妙なプレーがいくつかありましたし

あれは忘れられない試合だね(笑)

-あの時はどんな感じだったか覚えていますか?

あの試合は忘れられないよ。僕にとって初めてのワールドカップだったし、イングランド相手に1-2で負けていたからね。それで僕のゴールで同点に追いついたんだ。

その後、幸運にもアルゼンチンは、ベスト8に進むことができたんだ。

僕にとってもアルゼンチンにとっても、大きな意味を持つ出来事だったと思うよ。

-あのゴールは、チームが前進していくキッカケになりましたよね

そうだね。

そして何よりも「僕たちはできる」という自信を与えてくれたんだ。



記者が印象深いと話す「’98フランスワールドカップ(アルゼンチンVSイングランド)」

-あなたが憧れを抱いていた選手は誰ですか? そして、その理由も教えてください

僕はインディペンディエンテ(アルゼンチンの名門クラブ)ファンだから、ずっとボッチーニが好きだった。

けど、マテウスにもとても憧れていたんだ。なぜかというと、彼は実りの多いキャリアであったと思うし、プレーしたチーム全てで、成功を手にしたからね。

-現役時代、あなたのポジションは右サイドバックでした。どのようにしたら、あなたのような素晴らしいプレーができますか?

右サイドバックでいいプレーするには、まず「ディフェンスの仕方を理解すること」その次に「攻撃を仕掛けるタイミングを見極めること」そして「空いたスペースを上手に使うこと」だね。

-攻撃と守備のバランスは、どのように掴めばいいでしょうか?

攻撃と守備のバランスは、試合数をこなすことだね。

攻守のタイミングを身体で感じ、理解しながらプレーをすること。これを継続して行っていけば、少しずつわかってくるよ。

-では、もし18歳に戻れるとしたら?

18歳に戻れるとしたらかぁ……

これまでとは全く違った人生になっているかな。

-もしあなたが、アルゼンチン代表監督だったら何をしますか?

もし僕がアルゼンチン代表の監督だったら、メッシにタイトルを獲らせるよ。

※所属クラブでは数々の栄冠を手に入れたメッシだが、A代表ではなかなかその機会に恵まれていなかったため。昨年のコパ・アメリカでようやく初タイトルを手にした

-ありがとうございます。最後の質問です。もしサッカー選手になっていなかったとしたら、どんな職業についていると思いますか?

サッカー選手以外かぁ……

もし僕がサッカー選手じゃなかったら、歌手になっていたかな。

End(お読みいただきありがとうございました。完 )

▼インタビュー動画はこちら▼

RELATED POST